株の買い方

株価などニュースでは良く見ますが、実際に買う場合にはどうしたらよいのでしょうか。
株の買い方を詳しくご説明します。最近では、株は銀行やコンビニエンスストアの端末、そして今話題のインターネットでも買えるようになりました。証券会社では、店舗とインターネットの両方で取り引きが出来る「総合証券」とインターネットで株の取り引きをする「ネット証券」に分割されています。どちらの場合もまず、証券会社で口座を開設する必要があります。

口座を開設する前に、どこの証券会社にするのかを選ぶ必要もありますね。そして、購入資金を証券会社の窓口で渡し株を購入するのです。ネット証券は、自分の専用銀行口座に入金をします。入金をするとネット証券の口座に振り込まれるという仕組みになります。その先は、証券会社のホームページにアクセス、ログインをして、いつでもどこでも株の売買が出来るのです。

ネット証券での最大の利点は、取り引き値がネット上でリアルタイムで見れることだということです。 売買の判断がスピィーディーになります。株の買い方は人それぞれの判断です。買いたい銘柄・枚数は、自分で決めていかなければなりません。株を購入する際には、株のイロイロな情報を集め、勉強をして、知識を身につけてから買うことをオススメします。株の買い方売り方のノウハウを身に付けて、無理のない金額から始めてみましょう。

株を選ぶポイント

株を選ぶポイントはあるのでしょうか。初心者でも失敗が少ない株選びをしたいものですね。資金投資をする以上、株価が上昇する見込みの高い株を選び抜いて買いたいものです。銘柄選びの判断は、なるべく大きい会社か、成長しつつある会社を調べておくことです。会社の出す資料だけでなく、インターネットや新聞などで積極的に情報収拾をしてよさそうなところを探しましょう。

革新的な商品を出した会社や、順調に売り上げが伸びている会社は株価も上昇しやすいです。

いつが買い時かをしることは初心者には難しいですが、チャートをよく観察して買うべきタイミングをはかり、チャンスを確実にとらえましょう。売りのタイミングも買いの時以上に大変になります。そこそこの高さで利益確定をしておかないと、いつの間にか損が出ていることも少なくありません。時には、持っている株は見切りをつけ、よりよい株を捜すべ聴かもしれません。

株の購入は会社別に最低購入枚数というものが決まっており、単元株数以下での売買はできない仕組みになっています。欲しい銘柄を見つけてもすぐには買い込まず、最初に最小枚数を買ってみるという方法もあります。一番大事なタイミングが来た時に取り逃さないよう。一度に投資しすぎない方が賢明です。株の急騰・暴落の可能性は常につきまうと以上、運に頼る場合もあります。
けれど買ってから後悔しないよう、しっかり考えて銘柄を選びましょう。

ページのトップへ戻る