フリーランスのPMO案件 - フリーランスの現状

フリーランスの現状 > PMO案件

フリーランスのPMO案件

フリーランスとしてこなせる案件の1つにPMO案件があります。
これはなにかというと、プロジェクト・マネジメント・オフィスの略となります。
これだけでは何のことかよくわからないと思いますが、要はプロジェクトの管理をする仕事です。

プロジェクトとは企業内で立ち上げている企画や開発のことですが、これはそれを立ち上げれば自動的に進んでいくものではありません。
誰かがこのプロジェクトの管理をし、適切に進んでいくようにするのが基本です。
たとえばプロジェクトの問題点を管理し、その解決策の作成や、その解決策の担当者の決定、さらにはその担当者への連絡や打ち合わせなどを行います。

このような細かい管理をして、初めて立ち上げたプロジェクトは進んでいき、最終的に形になります。
もしこの管理者がいない場合、このプロジェクト全体を把握している方がいなくなり、問題が起きたときの対応や、根本的なスケジュール管理ができなくなり、プロジェクトが失敗することが多くなるのです。

PMOとはこのようなプロジェクト管理の仕事になります。
そしてPMO案件とはこれをフリーランスとして担当する案件となるわけです。
つまりそのフリーランスが依頼人のプロジェクトの管理者の1人となり、数々の問題対応やスケジュール管理、その他必要業務を行っていきます。

また、これらPMO案件は、1度に複数のプロジェクトを同時進行で管理することもよくあります。
そのため、フリーランスでこのPMO案件をこなすには、非常に高い管理能力が必要になるでしょう。
難しい仕事ですが、その代わりに単価は高くなりますから、フリーランスにとっては高収入を得られるチャンスの大きい案件となっています。