フリーランスの案件 - フリーランスの現状

フリーランスの現状 > フリーランスの案件

フリーランスの案件

フリーで仕事をしたいときに探すのが案件です。
フリーランスがどうやって仕事をしているのかというと、このようなフリーの方を対象にした案件の募集に応募するのが基本です。
この募集はどこにあるのでしょうか?

募集をしている企業のHPなどで個別に募集されている例もありますが、最近ではクラウドソージングを使う例も増えてきています。
大手のクラウドソージングのサイトがありますから、そちらにいけばたくさんの企業から仕事の募集が出ています。
この募集に応募するには、そのサイトにワーカー登録すればOKです。
これでそのサイトへとログインすると、各案件へと自由に応募できます。

このような方法のほか、自ら案件を募集する方法もあります。
フリーランスとして独り立ちし、自分のサイトを作るなど、自分の広告を出していくと、それを見た方からお仕事の依頼が来るわけです。
案件の方からやってくるわけですから、自ら営業をかける必要がなくなり、安定して仕事がしやすくなりますね。

このように形はさまざまですが、フリーランスはお仕事を案件という単位で自分で取ってきて、それをこなす形になります。
収入は案件単位で計算され、それぞれで単価も変わることが多いです。
それも含めて、自分がこなしたい案件を選ぶ形になりますから、収入や仕事内容を含めて、自分が無理なくこなせるものを選べるでしょう。

ちなみに、案件がないときはどうなるのでしょうか?
このときは仕事がないということになり、その期間は無収入となります。
勤め人ならたとえ仕事がなくても出勤すれば収入を得られますが、フリーランスは案件がないことには仕事がないため、収入も発生しません。
そのため、対応できる案件が多い方ほど収入が途切れにくく、限られた仕事しかできない方ほど収入が途切れやすいのも、フリーランスの現実です。